白 子  侑 季  S h i r a c o   Y u u k i

G r a p h i c  d e s i g n e r   /   A r t i s t

 

 

t h e   i d e n t i t y

 

私は、「自分自身が唯一無二の作品」という思想と哲学をもって、自身の躯の一部を素材としたデジタルコラージュで表現しています。「アイデンティティとは何か」を問うたとき、自分以外の他に何も無い、ということに気付いたのがこの表現のきっかけです。

 

I considered to be the ‘Oneself is the one and only work’. I am expressed by a digital collage using parts of my own body as a material. My train of thought was `What is my identity?’. My thought was that there is nobody else like me.

 

 

s e l f - h o m m a g e

 

ヒトの躯は耳や唇など同じ要素で構成されているにも関わらず、その形状は様々です。私には私の“カタチ”があり、そのカタチこそがアイデンティティ。それらを素材として捉える事で、躯のパーツではなく、まるで植物や宇宙の生命体のように…そこに別の個体が生まれます。

「私」という作品からまた新たな作品が生まれていくのです。

 

Although all people share the same body characteristics from head to toe, the shape can vary. My form is my identity. Attempting to capture my identity using various materials, and not thinking in terms of human parts _ like a universe life and plants _ , a new identity (or individual) is born. And new works are born from my own again.